ハピュアデンタルクリニック渋谷ブログ|渋谷駅徒歩5分の幅広い診療を行なう歯医者

【受付時間】10:00~19:30 03-3499-2377 お問い合わせはこちら
follow us

Blog ハピュアデンタルクリニック渋谷ブログ

2022.3.20 ブログ
<これからは治療より予防の時代!!予防歯科の重要性>

こんにちは
みなさん、虫歯や歯周病になれば歯科医院で治療してもらいますよね。
治療できるから、虫歯や歯周病になっても心配ないと油断している方はおられませんか。

実は、虫歯や歯周病になってしまうと、そんな簡単な話ではすまないんです。
そこで大切なのが、虫歯や歯周病にならないようにする予防歯科です。

今回は、予防歯科の大切さについてお話ししようと思います。

■虫歯や歯周病は治療しても元に戻らない病気

「虫歯や歯周病は治療しても元に戻らない病気」と聞くと驚かれるかもおられるかもしれません。
その理由はいろいろありますが、一例をご紹介します。

○虫歯になると

虫歯になると、歯に穴が開きます。

現在の虫歯治療は、虫歯によって生じた穴を人工材料で補う修復治療です。
コンポジットレジンというプラスチックや、金属、セラミックなどがよく使われています。

これらの人工材料で詰めたりかぶせたりして治しますから、厳密にいうと歯に生じた穴は塞がれているだけで、元の状態に戻ったわけではありません。

時間が経つと、人工材料が劣化し、歯の間に隙間ができることがあります。
すると、そこで虫歯が再発し、やがて詰め物や被せ物が外れて、さらに大きな穴が開きます。
歯の神経の治療が必要となることもあれば、場合によっては抜歯しなくてはならなくなることもあります。

このように、一旦治療した虫歯であっても、虫歯が再発し、さらに悪化していくことも珍しくありません。

○歯周病になると

歯周病になると、まず歯肉が腫れたり出血したりします。
歯肉炎ですね。

歯肉炎の状態からさらに悪化すると、歯を支えている歯槽骨という骨が減ってきます。
この状態が歯周炎です。

歯周病の治療を受けると、腫れや出血、痛みなどは治ります。

しかし、一度減ってしまった歯槽骨はまず元の状態には戻りません。
歯周病が再発を繰り返し、歯槽骨がさらに減っていき、やがて歯がぐらぐらと動き始めます。

動き幅が大きくなれば、抜歯しなくてはならなくなります。

○入れ歯になると

歯が一部なくなってしまいますと、部分入れ歯を入れます。
部分入れ歯は、歯に引っ掛けるための金具が欠かせません。

金具の形はいろいろありますが、いずれの金具も歯にとっては大きな負担になります。

地面にしっかりと刺さった杭も、少しずつ揺らしていくと、いつかは抜けてしまいますよね。

これと同じく、入れ歯の金具が歯を少しずつ揺らしてしまうため、歯がぐらぐらとし始め、やがて抜けてしまうこともあります。

■予防歯科での取り組み

では、虫歯や歯周病にならないよう予防歯科ではどのような取り組みを行なっているのでしょうか。

○ブラッシング指導

虫歯も歯周病も、種類こそ違えど、どちらも細菌によって引き起こされる病気です。

虫歯や歯周病の原因菌は、歯の表面についているプラークに潜んでいます。

したがって、プラークを取り除くプラークコントロールは、予防歯科の要と言ってもいいほど大切です。

プラークコントロールを成功させる鍵となるのが、ご自宅での日々の歯磨きです。
歯ブラシだけでなく、歯間ブラシ、デンタルフロスなども含め、選び方から効果的な使い方まで説明させていただきます。

○歯のクリーニング

どうやっても歯ブラシが届かない部分はあるものですので、いくら一生懸命歯を磨いても、丁寧に歯磨きをしても、プラークを完全にゼロにすることは難しいです。

また、歯の表面についている歯石は歯ブラシで磨いても取り除くことはできません。

しかも、歯石はプラークが付着する温床となります。

そこで歯科医院で行っているのが歯のクリーニングです。
歯のクリーニングでは、さまざまな専用の器械や薬剤などを使って、歯石やプラークをきれいに取り除きます。

そして、歯石を取り除いた後は、歯の表面をツルツルした状態になるまで磨きます。

こうして、プラークを完全に取り除き、そして新たなプラークが着きにくい健康な状態にします。

○フッ素

虫歯予防にフッ素が効果的という話をお聞きになったことありませんか。

予防歯科でも、フッ素を使って虫歯予防に取り組んでいます。

予防歯科で行っているのが、歯の表面にフッ素を直接塗るフッ素塗布です。
フッ素の使い方には、フッ素入りの歯磨き剤での歯磨きやフッ素入りの洗口液でのうがいなどがありますが、歯科医院でのフッ素塗布が最も効果があります。

フッ素塗布というとお子さんだけに効果があるように思っている方もおられるかもしれませんが、大人の方にもおすすめです。

フッ素塗布の効果は、3~4ヶ月続くと言われていますので、年に数回塗ると虫歯予防に効果的です。

その間は、フッ素入りの歯磨き剤で歯を磨いたり、定期的にフッ素入りの洗口液でうがいしたりしてください。

■予防歯科の利点

予防歯科の利点は、虫歯や歯周病予防だけではありません。

○歯を健康に長持ちさせられる

虫歯や歯周病を予防することで、健康な歯を長持ちさせられます。
一度失った歯は、取り戻せません。

被せ物や詰め物、入れ歯などいろいろな治療法がありますが、いずれの治療法も健康な歯には及びません。

健康な歯を長期にわたって保つことができるのも予防歯科の利点です。

○早期発見できる

予防歯科を受診すると、お口の中の健康状態もチェックします。
虫歯や歯周病になったとしても、早い段階で見つけることで、症状が進行するのを防ぐことができます。

○経済的な負担の軽減

予防歯科を受けるのにもお金はかかります。
ですが、進行してしまった虫歯や歯周病の治療にかかる費用と比べると低額です。

しかも、治療を受けるには何回も歯科医院に通わなくてはなりませんから、歯科医院に通う時間のロスもあります。

歯科治療のために仕事を休めば、それだけの分、収入にも影響します。
予防歯科には、経済的な負担を抑えるという効果もあります。

○全身の健康増進

予防歯科の効果は、歯の健康だけではありません。
例えば、歯がなくなると入れ歯を入れますが、入れ歯で食べ物を食べる能力は、どれだけ立派な入れ歯でも本物の歯の数%くらいに低下すると言われています。

しかも、入れ歯の内側には食べ物がたくさん入り込みます。
高齢で寝たきりになったりすると、入れ歯のお手入れが難しくなり、細菌が繁殖する温床となることで誤嚥性肺炎などを引き起こすことが知られています。

もし、歯がたくさん残っていれば、入れ歯にする必要はないので、入れ歯による誤嚥性肺炎のリスクは生まれません。

これはあくまでも一例ですが、歯の健康と全身の健康が密接な関係にあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

予防歯科を受けて、歯を長持ちさせることは、全身の健康も高めることにつながるのです。

■まとめ

今回は、虫歯や歯周病を治すのではなく、ならないようにする予防歯科の重要性についてお話ししました。
現在の歯科治療では、虫歯や歯周病の治療を行なっていますが、治療を受けても虫歯や歯周病になる前の状態に戻せるわけではありません。
一度悪くなってしまった歯は、また繰り返し悪くなる可能性が高いです。
したがって、虫歯や歯周病は治療するのではなく、ならないように予防することがとても重要です。

予防歯科を受けると

  1. 歯を長持ちさせられる
  2. 虫歯や歯周病を早期発見できる
  3. 経済的な負担を減らせる
  4. 全身の健康増進

などの効果も得られます。

さぁ、私たちと一緒に予防歯科に取り組みませんか?

TOPPAGE